--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'09.14.06:56

おめでたい日に

20100914.jpg

20100914_1.jpg

20100914_2.jpg

夫の郷里にて、甥っ子の結婚式に参列してきました。
若くて美男美女の二人、皆様にも眼福で写真を掲載したいくらい。
カメラを持ち歩かない主義をちょっと後悔しました。

このところ作っていたお菓子は、親族の皆さんのお茶請けに。
信州と言えど今年は異例な暑さ、焼き菓子を欲する気温ではないと
承知ではありましたが、冷蔵庫を占拠する生菓子は迷惑だろうし
手の空いた時に気軽に食べられるというと、やはり・・・。

抹茶パウンド、オレンジマドレーヌ、ポルボロン(これはリクエストに
応じて)、チョコレートのフィナンスィエ、そしてドラジェ。

お菓子の名前と賞味期限を書いたカードも作りました。
メカについてくる取り扱い説明書はほとんど目を通さないけれど、
お菓子のうんちくやら説明やらは見るのが楽しみ。

イラスト:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'08.15.07:04

天使のチョコリング

20100815_1.jpg

20100815.jpg

実家にお留守番に行って父からもらったお土産。
うさぎやのどら焼きと、ハートブレッドアンティーク銀座店のパン。
行列が出来ている店には近寄らないひねた娘と違って、
並んで買って来てくれる父には感謝。
正にこれこそ子ども達が食べたいパン!なのでした。

パンの絵をいろいろ模索しているこの頃。
何とかかんとか作れるパンは、絵も描きやすいけれど、
自分がうまく焼けないパンは、画にしても納得いかない。
目下、フランスパンが難問です。

今日は終戦記念日です。 いくつかのTV特集番組を見たり
新聞の切り抜きを下の子用のスクラップブックに貼ったり、
子ども達は見ているのか見ていないのかわからないけれど
どこか記憶に刻んでほしいと思っています。

上の子は特に、平素TVも見なくてYouTubeとかニコ動とか、自分が
興味ある情報しか取り入れない現代っ子。 狭い知識だけに
とらわれた人間にならないかと、親は心配なのです。

イラスト:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'06.04.07:13

見ぬ方へ

20100604.jpg

20100604_1.jpg

今回の焼き菓子は、以前から気になっていた方へ差し上げる分も
含めて作りました。 御目文字したこともない方・・・
でもきっと「手作りのお菓子?遠慮しとくわ・・」という
タイプの方ではなさそうだから。(↑と、言われた事はないけれど、
心にそう思う方は多数存在していると確信してます。)

小学校の通学路途中にあるその方のお宅はいつも垣根にさまざまな花が
咲き、たまさか切花や種や株が軒先に「ご自由にお持ち下さい」という
メッセージと共に置いてあります。 玄関先の出窓にちりめんや木工の
作品がたくさん飾られて、小さいギャラリーにもなっています。

何回か子どもがお花を頂いてきたことがあり、いつかはそのお心遣いに
御礼を申し上げたいとずっと思っていました。
ちょうど奥様とお目にかかれて、玄関の中の作品も見せていただきました。
旦那様作の屋久杉の額縁や箱根細工の木箱、精巧な紙製の箱類に、
奥様のつるし雛や縮緬細工、草花の水彩画など見切れないほどの
手仕事の数々。選ぶのに苦労しましたが、中を取り替えられる手作りの
万華鏡を求めました。

もの食う人びと ならぬ もの作る人びとは皆どこか謙虚で人情肌。
おまけの箱や球根を頂いた上、先々メダカまでもらうお話までして
楽しいひと時はあっという間でした。

昨日まではただ通りすがるだけだった他人様のおうちが、今日からは
心動かされる存在になる。 はにかみや遠慮は失った代わりに、
おばさんになったなりの幸せって、あるのです。

イラスト:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'05.28.06:37

20100528.jpg

20100528_1.jpg

20100528_2.jpg

家人のそしりを受けぬようこっそり炊く
枇杷のコンポート

生食がいちばんおいしいのはわかりますが、お菓子にする場合は
汁気が出すぎちゃうからね。

このところ、旬のものは食べる前に水彩画で記録を残しています。
アクリル画なども描いていたのですが、完成までに時間がかかるし
テーブルでちょこっととりかかるわけにいかないので。
細切れの時間を使って描くには水彩が適しているようです。

イラスト:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'05.21.07:22

食えない苺

20100521.jpg

このブログはお菓子ネタだけにしようと思っていましたが、
イラストのサイト改修が一向着手できず、とりあえずこちらで
少しアップしていこうと考えています。
名の通り 絵に描いた餅 ですが、お菓子や食べ物関連の絵を
思いついた時にお見せいたします。。

こちら、ご近所のお菓子屋さんでいちごフェアのトレードマーク
と言うことでお使い頂いた いちごのイラスト。
ショーケースの中に苺畑のいちごさながら、ぽつぽつこの
マークが踊っていました。

ラフな感じに書いたのもお見せしたのですが、(私の存じ上げる
範疇では)男性パティシエはリアルな絵がお好み、女性
パティシエールは和み系の愛らしい絵がお好きなような・・・

イラスト:  トラックバック(-)  コメント(-)
Next |TOP
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。