--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'05.29.07:37

比較対象

20100529.jpg

今朝の関東地方は降水確率60%で4月ごろの寒さ。
なのに小学校の運動会、決行です。

甘みがほとんどなく、さくさくに仕上がるフランス菓子の
基本の生地、パート・ブリゼ。
シュクレ生地のようにかっちり美しい仕上がりではなく
ラフに焼き縮みますが、味や食感に関してはこちらの方が私は
断然好み。でも、もちろん脅威的なバター使用量です。

味を落とさずに、バターの量を減らそうと苦心したレシピ
バターハーフのパート・ブリゼ
さっくりはらはら感も申し分なく出来ました。
写真は空焼きして、卵黄を塗ったところ。

先般、カロリーハーフだの1/2だの食品に表示する場合は
比較対象を明示せよとの消費者庁からのお達しがあったそうです。
はい、イルプルーレシピと比較してだいたい1/2にしております。

 バターハーフのパート・ブリゼ
 <材料> 15cmφタルト型約2個分
  薄力粉   50g 
  強力粉   100g
  上新粉   40g
  みじん粉  10g
  無塩バター 60g
  ピーナッツオイル 35g 
  全卵    37g
  グラニュー糖 18g
  塩     4g

 <作り方>
  ①粉類を混ぜ合わせてふるい、冷凍庫に1時間以上
   置いて冷やす。バターは薄く切り冷蔵庫で充分冷やした後
   使う20分前に冷凍庫に入れる。ピーナッツオイルも
   冷蔵庫で冷やしておく。
   全卵・グラニュー糖・塩を良く混ぜ冷蔵庫で冷やす。
  ②フードプロセッサーに粉類とバターを入れ、30~40秒回す。
   (FPの容量により、2回に分けて下さい。)FPを回しながら
   ピーナッツオイルを少しずつ加えて攪拌する。
  ③冷やしたボウルに②を移し、卵類を散らすように少しずつ加え
   手の平ですり合わせる。全部加えたら、手数を少なめに
   こねて、ひとかたまりにする。
  ④ラップに包んで冷蔵庫で一晩休ませ、翌日成型する。

ガトー・フランコ・ジャポネ:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。