--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'05.10.07:21

あちらをたてればこちらがたたず

20100510.jpg

20100510_1.jpg

母の日会のお昼に持っていったキッシュ
クルスタッド・トリアノン Croustade trianon
イルプルーレシピです。
トマトとマッシュルームが美味。

キッシュは何回も作っているうち、生地がしっかり焼けるように
なってきたかな、と自分では満足していたのですが・・・
最近の2作は、底生地が硬く出来てしまいました。
お行儀を気にせず手づかみでがっぷりいく場合は問題ないけれど
フォークだと切りづらい。レストランだったらナイフが出てくるから
ナイフ前提としてこの硬さでO.K.なのか?
または、空焼きの時塗る卵黄(湿気止め)が厚すぎか、焼きすぎか?

お店で売っているキッシュは、焼きが甘くて生地も白っぽい場合が
多いです。味はともかく食べやすさを重視するとそうなるのかも。
または底がしけっていることもあり、私としては納得いかないけれど
フォークで楽に切れるという面もありますね。

まだまだ、納得のキッシュが焼きあがるには時間がかかりそうです。

トレトゥール:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。