--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'05.01.06:54

詐欺師

20100501.jpg

20100501_1.jpg

20100501_2.jpg

初めて作った トゥリアノン Trianon
イルプルーレシピを15cmφで。

上下、そしてセンターにもダックワーズ生地を配し、一週間
シロップとキルシュに漬けたパイナップルを入れたリカール
(パスティス)とレモン風味のバタームース。

パスティスを克服しようとした学生時代の苦い苦い思い出から、
このお菓子を作る途中どきどきしながらの味見。
なんとまあ、あのリコリス(輸入ものの黒いグミでお馴染み)の
舌をしびれさせる悪魔的不味が、パイナップルとレモンの酸味で
爽やかな刺激に変貌しているではないですか!

そして、一ヶ月にいっぺんくらいなら作るのも許されるか?と
こわごわ作ったバタームースのこってりさも、酸味と苦味で
すっかり払拭されて、すっと舌に解けていく軽さに変貌。

類いまれなる複雑な個性を、夫とともに堪能しました。
15cmφを8カットの大きさがジャストサイズと私は思いましたが
夫はもう半分くらいいける、と。 危ない・・・
バター使用量をつい忘れさせるこの危険すぎる美味。 でも
こんな佳人の詐欺師になら、だまされたふりをしていたいかも。

アントルメ:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。