--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'02.06.09:27

シブースト運び屋

20100206.jpg

20100206_1.jpg

20100206_2.jpg

相変わらず、アバターな 
シブーストゥ・ペイザンヌ Chibouste paysanne

昨日は実家にて全日母とお留守番だったので、いろいろ
暇つぶしを用意していきました。お仕事の下絵、仏語のテキスト、
新しい携帯の取り扱い説明書・・・。大抵その2割ほどしか
手をつけられないのですが。

アパレイユとりんごを入れて焼いた状態のシブーストとクリームの
材料、ホイッパー・パレットナイフ・焼きゴテと古包丁等持参。
前回のキャラメリゼ、自宅のガスコンロではまるで熱量が足りず
失敗していたので、実家で試してみようと思ったのです。

我が家は去年まで姉のお下がりの仏製コンロを使っていまして
享年25歳で逝ったので、廉価な日本製に替えました。
これ、安全装置がやたらはたらき、センサー解除してさえ
勝手に弱火になったりして全然高温にならない。
仕方なくカセットコンロで熱してみましたが、
やはりはかばかしくなく、表面塗装が剥げただけ。

実家のは、クロワッサンの店で買ったかなり旧型ですが、
古いだけに安全装置着いてないのがラッキーです。
実家全焼を頭の片隅に描きながら、コテを熱して、熱して、60分!

イルプルーレシピではどうもクレームが柔らかく、素人向けに少し
配合を変えたら、しっかり出来たのはいいけれど、表面滑らかにならず
そのためキャラメリゼはやはりムラムラ。でも味全般とクレームは
やっとまともになってきたようです。
そうそう、電動ビーターも持参したのに、本体のみで羽根を忘れた。。
どうしようもなく、ホイッパー手立てでイタリアンメレンゲ作ったから
その点悔やまれます・・・

母は今までになくとてもとても喜んで食べてくれました。 よかった。

パイ・タルト:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。