--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'10.16.09:36

それにはそれの訳がある。



タイトルは、魯山人の口癖 だそうです。
唱えると・・・ 一シロウトとしては
なんか狐につままれたような気がする台詞です。

お菓子教室のレシピで。
クロケット・オ・ザマンド・エ・ノワゼット つまり
アーモンドとヘーゼルナッツのコロッケ てこと。
コロッケみたいな形をしているからこの名があるようです。
写真だとスケールがわかりづらいですが、特大サイズのコロッケです。

食べたことはなかったのですが、アーモンドのクロケット は
割りに一般的な焼き菓子のようです。

ヘーゼルナッツの皮むきが大変だったけれど、そのあと
楽しいプロセスがありました。それは
手でナマコ型に整形するところ。
というのは、バターと卵、粉とナッツでべたべた状態の生地なのに
ぜんぜん手にくっつかないんです。 不思議。
お菓子も、配合の妙で無限の可能性があるのですね。

焼き菓子:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。