--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'03.24.06:49

杏っ子

20090324.jpg

杏のタルト Tarte aux abricots
昨年、ガトー・オートリッシアン というお菓子を作りました。
どちらもイルプルーレシピの杏のタルトで、見かけも
そっくりなのですが、レシピは全然違います。

オートリッシアンの方は発酵生地で、缶詰の杏を使用。
こちらは、シュクレ生地で、ドライアプリコットを使います。
一風変わっていると言えばオートリッシアンですが、
こちらはより簡単で、とても楽しく作れました。

一週間前に作ったムラング・セッシュの焼き菓子のそぼろ、
オリジナルの半分量で作ったのですがそれでも随分余った
ので、残りをこのお菓子に使ってぴったり消費。
そぼろ(クランブル)、砂糖とバターと粉の混合物だから、日にち
経っていても多分焼いて食べれば大丈夫だと思います。。
この杏のタルトはオリジナルより小さく、16cmφで作ってます。
アプリコットリキュールを持っていないので、ドライアプリコットを
キルシュに漬けた汁を代わりに使いました。

一緒に写っているのは杏の花。 桜花にそっくりだけれど桜より
少し早く咲きます。最近の強風で満開の花びらが散っているほど。
教科書に載っていた室生犀星の小説など思い出します。

パイ・タルト:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。