--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'02.12.06:53

みえっぱり

20090212.jpg

夫が昔凝っていた小品盆栽の寒桜が咲きました。
夫出張中にほとんど私が枯らしたのでこれは数少ない生き残り。
撮影しようとしていたら子どもにぼろっと折られてしまいました。
写真撮るには好都合ですが・・・

今冬3度目の スリーズ・ア・ロ・ドゥ・ヴィ Cerises à l'eau de vie
作るのも食べるのも大好きなショコラです。
イルプルーで輸入しているフランス製グリヨットのキルシュ漬けを使用。
グリヨットはスリーズ(さくらんぼ)の品種の名前だそうです。

もともとさくらんぼのキルシュ漬けは、アメリカンチェリーを
自宅でキルシュに3ヶ月漬けて手作りできますが、
残留農薬・殺菌剤を考えると輸入チェリーは食べない方がいい。
といって、日本のさくらんぼは味が薄い。結果、
フランスで作ったキルシュ漬けがベストとなります。

というのがイルプルーの見解ですが、前回自宅で作った際は
入手できたのがブラジル産佐藤錦。 最悪の選択ですね。
1ヶ月しか漬けられなかったし、もちろんグリヨットの方が
おいしいのですが・・・でも、、全然だめという味ではなかったです。
自己満足に過ぎないけれど、自分で漬けたさくらんぼでショコラを
作りたいので、今年は国産さくらんぼを漬けてみようと企んでいます。

それにね・・・グリヨット、大小の差があるし全体的に小さくて、
佐藤錦で作った方が見た目はよかったのです。
グルメな方にはグリヨットで、普通にきれいなお菓子が好きな方には
日本のさくらんぼでもいいかな、と思ってます。

ショコラ:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。