--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'11.26.17:03

変則無用

20081126.jpg

20081126_2.jpg

またも アンガディーネ Engadiné

アンガディーネ用のシュクレ生地は一度に2台分出来てしまうので
前回の反省を踏まえつつ焼きました。
で、タルトリング型で作ってみたのですが、ふちが壊れてしまい
焼いているうちヌガーが出てきちゃいました。。
イルプルーのレシピにヘタなアレンジしてはいけませんね。

表面はぼこぼこ具合が改良されましたし、ヌガーの煮詰め具合も
私はこのくらいが好き。
テキストを見ると、タルトリングに流したヌガーをひょいっと取り出して
生地の中に入れている写真がありますが、私の場合、今回もそこまで
堅く固まらなかったのでひっくり返してえいやと入れています。
前回はさらに柔らかかったけれど、皆さんには好評でした。
お好みもありますし、流れない程度だったらいいのかもしれません。

焼き菓子:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。