--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'09.16.07:24

緑茶にマドレーヌをひたして・・・



数え切れないほど活躍しているマドレーヌ型は、母から譲り受けたもの。
今日は 青ゆずのマドレーヌ を作りました。

レモン風味のマドレーヌの明るい爽やかさも好きですが、
意外に、年配の方は緑茶のお供に焼き菓子を召し上がる事も多いので
和の柑橘系を加えた焼き菓子を作ることが多くなりました。
ゆず・かぼすなどの少し屈折した苦味に、
落ち着いた気持ちにさせられます。

マドレーヌが出てくる文学、筆頭は「失われた時を求めて」ですが
私もご多聞にもれず4巻くらいで挫折してます。
新訳ばやりの先駆けといわれている鈴木道彦訳でもすでに10年経ってますから、!
是非こちらも新・新訳を!
図書館で借りた「プルーストの食卓」という豪華本にも
勿論プティット・マドレーヌの写真が載っていました。

参考:アンヌ・ボレル、アラン・サンドランス「プルーストの食卓」宝島社

焼き菓子:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。