--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'08.24.12:55

夏と秋の狭間

20080824.jpg


スーパーの売り出しでチーズが安くなっていました。
ピエ・ダングロワとサンタンドレ・・・この組み合わせはお菓子のレシピに
あったはず!と、購入。 帰宅してレシピ本を探すと、私の手には余る
上級クラスのアントルメでしたが、がんばって挑戦してみました。

暖かく身を寄せ合うマンゴーとチーズ Mangue et fromage
ネーミングがいかにもイルプルーらしい。。
ホワイトチョコレートを塗ったココナツサブレの生地を台にマンゴーとチーズの
ムース。マンゴーのジュレがかかっています。

難しかったのは、チーズにマンゴーピュレを加えて混ぜるところ。
分離しないようにすこしずつ入れたのですが、分離しました
仕方ないので、その後加える8分立ての生クリームの一部を入れて
ハンドミキサーで強引に混ぜ込み、なんとか分離をおさえることができました。
空気が入りすぎるからこんなことをしてはいけないのでしょうけれど。

後ろの方に材料を並べてパチリ。マンゴーピュルプ(ピュレ)はカリテプリを
考えていろいろ試した結果、このアルフォンソマンゴーの缶詰を使っています。
味も濃くて添加物もありません。(本来はイルプルーの材料を使うべきなんですが。。)

こっくり濃厚だけれど鮮やかさもある複雑な味わい。
急に寒いほど涼しくなったこのごろにふさわしい
夏と秋を架け渡すようなアントルメ。
実家に持って行きました。

アントルメ:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。