--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'06.19.07:26

遙かな記憶

20110619.jpg

実家に引っ越してきてよかったことのひとつは、
旧知の友人に再会できたこと。

写真は、幼稚園時代大の仲良しだったYちゃんに頂いた
さくらんぼの紅茶とパート・ド・フリュイ。
彼女は都内の小学校に進学したので、ほぼ40年ぶりに
しっかりお話できました。

バス停で待っていたら、小学校の時の友達が声をかけてくれて、
これまた30年のブランクを経てランチの約束をしたり。

誰とどこに行っただの、何が起こっただのに関しては、
ものすごく忘れん坊の私。幼稚園の記憶も全然ないのですが、
Yちゃんちがどんなで、どんなおもちゃがあったとか
断片的にだけれど、とても鮮明にふと蘇ったりします。

どんなに昔の事でも些細なことでも、私の一部にずっと残っている。
楽しい記憶ばかりという訳にはいかないけれど、せめて、
子ども達には辛い記憶が少ない人生を送って欲しいです。

巨視的には、この放射能汚染が悪化しないことを、
卑近には、娘の悪気ないミスを叱ったことが、
どうか娘の記憶に残っていませんように、 願っています。

お友達:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。