--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'12.16.09:56

千年の味

20071216.jpg


昨日は久し振りに製菓学校のスクーリングに行きました。
本当は毎週しっかり行かなくてはいけないのですが・・・この調子だと
年度末に集中してかよわなければなりません。。
日本での菓子の歴史で、奈良時代の唐菓子時代のことを習いました。
米粉、小麦粉を原料として、水飴、あまづらなどで味付けして油で揚げたもの・・・
こういうもの、昔京都のお土産で食べたことある・・・のにその時は思い出せず・・・
帰宅してから思い出しました、亀屋清永の「清浄歓喜団」。
遣唐使が伝えたというきんちゃく型の揚げ菓子。
他のお菓子にはない独特の味、また食べたくなりました。

学校のテキストを見て、 松風 を作ってみました。
こんな感じなのでしょうか?
京都松屋籐兵衛の「味噌松風」に比べると厚さがあってふわふわだし。

和菓子:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。