--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'02.21.07:15

運び屋2

20110221.jpg

20110221_1.jpg

20110221_2.jpg

私の冬の To Do リストに必ず挙がる
シブースト・ペイザンヌ Chibouste paysanne

今年も、から焼きしたパイ生地にりんごのソテーとクリ(アパレイユ)
を流して焼き上げ、シブーストクリームの材料・道具と共にバッグに
詰めて、えっちらおっちら徒歩30分運びました。
クリームを流し、肝心要のキャラメリゼを実家にてなすべく。
実家の、安全装置が付いていないコンロでないと、コテが熱せられないから。

このガスコンロも相当な古さで、来月中には買い換える予定なので、
そうしたらもうシブーストのキャラメリゼは出来ないかも?
安めの丸型コテを何とか使いこなそうと頑張ってきましたが、
高いコテを購入すべきなのかな。。。

この写真を見ておわかりでしょう、
作ってから一日経ってしまっているということが。
道具の忘れ物はなかったかわり、カメラを実家に持っていくのを忘れて
しまい、作りたてがなによりうまいこの菓子を味わうことなく
うちに持って帰りました。写真撮るためにお菓子を作っているわけでは
ないんですが・・・。やはり記録は残しておきたかったので。

でも、シブーストが売りの有名菓子店でイートインしても
表面しけって出てくるくらいだから、これでも許されるかも?
ということで、元会社の先輩にお目にかかる際の手土産に持っていきました。

やはりバリバリがないと寂しいけれど、クレームの硬さもちょうど良く
以前に比べればシブーストらしくなってきたと思います。

パイ・タルト:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。