--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'02.12.17:55

袈裟

20110212.jpg

下の子の受検は残念ながら失敗。本人は随分鷹をくくっていたので、
現実の厳しさを実感して、これからの中学生活に活かしてくれたらと・・・
まあ親はどうでも都合良く勤勉な子どもにさせたいわけで。
型にはまらず生きていくのも辛いものだということは、夫を
見ていればわかりそうなものです。。

くだんのアンヴェルセ生地の残りでちいさな
チョコパイ

本来の意味の袈裟に使えそうな、みすぼらしいはぎれだこと。
それでも・・・こんな一片にも宿るパイ魂。
火を通せばむくむくと層をなし、空気を含む軽快な歯触りに、
バターの豊かな香り。

今はお裁縫箱を手に取ることもなくなりましたが、
母は、縫い物をして最後に少し残った糸も捨てずに取っておいていました。
それが、どういう風に使われていたのかは、ついぞ
見届けたことがないのが心残りです。

パイ・タルト:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。