--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'02.01.07:23

Dried apple doll

20110131.jpg

20110131_1.jpg

黒く恋い焦がれた砂糖と乳脂肪が、林檎を見る影もなく老いさばらせつつも
不死の力を与え、冥さに閉じこめられた紅い情熱がほの見えている。

三度目の タルト・タタン Tarte Tatin
もっと高さがあると格好良いけれど、味としてはかなり満足。
きれいで幸せなだけじゃない、自然の味を新鮮に味わえるわけじゃない、
人の手を加えたならではの深淵なお菓子が、冬には似合うと思う。

厳格な菜食主義の中には、葉物の野菜も食べず、地に落ちた果物と
牛乳だけ摂る教理があるそうです。植物であっても引き抜いたり
ちぎったりしては生命を傷つけることになるという考えでしょう。
魚や肉より更に、野菜や果物の命なんてあまり平素考えない私達ですが
(考えていたら生きていけないし)、一番いきものらしい果物 と言ったら
りんご かな。

林檎を乾燥させてしわくちゃのお婆ちゃんの頭に見立てたアップルドール
小さい頃雑誌かなにかで見て、かなり怖かった思い出が。
りんごの頬持つ乙女も、年を重ねればみんな平等にしわしわに。

肉色の熟成林檎をほおばって、命を頂く後ろめたさと共に
甘さと苦味と酸味を大事にだいじに飲み込む、晴れた午後。

スポンサーサイト
パイ・タルト:  トラックバック(-)  コメント(-)
 |TOP
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。