--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'11.07.09:53

製菓の愉しみ

20091107.jpg

20091107_1.jpg

ヌガー・ピニョン Nougat aux pignons 
合わせたわけではありませんが、イル・プルーのサイトを見たら
今月のデモンストレーション講習にこのお菓子が登場していました。

生地はココナッツサブレと同じもの。タルトリングへの成型が
ちょっと変わっていて、作る課程からもう楽しくって!!
アパレイユも、ヨーグルト・レーズンを漬けたラム酒・くるみの
リキュールを加えたヌガー+松の実という変わり種。
オリジナルは飾りなしですが、言うに言われぬ訳ありで
アーモンドのヌガーを乗せてみました。

実は、ココナッツのお菓子はあまり好きな方ではありません。
(夫は大好物。) 安いからって2kg入りのココナッツファインを
買ってしまい、以来原材料欄の「漂白剤」を見るたび胃腸が
晒されそうな感じがして余計美味しく感じられなかった。
この度はやっと漂白されていないココナッツファインにしたので
いつもよりおいしく感じられたよう。 先入観に弱い私。

思いの外ソフトなヌガーと松の実に、ほろほろココナッツと
しゃりしゃりのシュクル・クリスタル(大粒のグラニュー糖)。
嘆息するほど優しくて蠱惑的な味のハーモニーです。
難を言えば、ひとつのサイズが大きすぎるかも。
立て続けに2個(@6.5cmΦ)食べてしまったらげんなり。。
理性で制さず食べ過ぎる私が悪いのだけれど、、、
ひとくちで食べられるくらいだとちょうどいいかな。

スポンサーサイト
パイ・タルト:  トラックバック(-)  コメント(-)
 |TOP
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。