--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'06.15.12:29

未知との遭遇

20090615.jpg

20090615_1.jpg

20090615_2.jpg

近所のスーパーで 兵庫県産アーティチョーク と遭遇!
しかも480円。 許せないほど高くはない。

丸ごとアーティチョークにはずっと憧れていて、北米に行った時
レストランで食べてみたこともありますが、きれいにカットされすぎていて
よくわからなかった。瓶詰めは尚一層全体像がわからないし。

レモン汁を加えたお湯で30分蒸して、いざ、花弁をむしります。
歯でしごいて食べる というのがイメージわかなかったのですが、
表面は硬く、花弁の根元の中身及び内側だけ柔らかい部分があるので
そこだけしごき出すのです。どうやっても野卑にしか見えない食べ方。
花弁をむいていくと中の方もまた摩訶不思議な形状で、さすが
アザミ属。(夕食に食べたので写真なし。)
お味はくわいや百合根に似て、とても乙な食べ物です。

花弁を取った後の花挓は食べ応えある量なので、翌日
アーティチョークのピザ にしてみました。
黒っぽく変色してしまっていますが、心惹かれる味。
サワークリームとクリームチーズ・パルミジャーノを合わせています。

スポンサーサイト
パン:  トラックバック(-)  コメント(-)
 |TOP
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。