--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'06.07.07:45

早起き鳥

20090607.jpg

20090607_1.jpg

姉一家3人と我が家の下の子のお誕生日が6月上旬なので
実家で合同お誕生会をひらきました。子どもも交えてビンゴゲームしたり
母も顔色よく楽しんでくれたようでよかったよかった。

人数9人なのでこの機会に、作製予定がなくもない
ウェディングケーキ の練習を。
パーティー用のケーキは大人数に対応する大きさ・華やかさと堅牢度、
常温で何時間もさらされる耐久性を要求されるので、上背のあるケーキは
ビクトリアケーキのような目のつんだ生地にジャムをはさんで、
バタークリームでマスケというところに落ち着くようです。

そんなに大きく作っても困りますので、下段18cmφ、上段12cmφ。
デコレーションが目的とはいえ中身もおいしくないと皆さんに申し訳ないので
下はイルプルーレシピのフレジェを参考にしたイチゴとクレーム・ムース
リーヌ、上はビュッシュロンを元にしたチョコレートケーキにしました。

実家で集まる時はアントルメ2台作ることが多いのですが、
今回のケーキは1種類なのに大変でした。
ムース系は冷凍できるので3日前位から着々と作れるのに、
フレジェのムースリーヌは当日作らなければなりません。
ビスキュイとビュッシュロンは前日仕上げておき、当日は、シジュウカラや
ヒヨドリより早起きして、計量から始めてクレーム・パティシエール作りに
40分。ムースリーヌに1時間15分。卵白使いのバタークリームの柔らかさを
調整し、デコレーションするのに1時間。写真撮りに30分。。。
お菓子屋さんが一日に10数種類アントルメを作るなんて、人間技とは
思えません!

仕上げはもたくさとした感じがまとわりついているし、
実家ではみんな美味しいと食べてくれたけれど、私は500g超の発酵バターの
毒気にすっかり当てられて、おいしいかどうか判断不能でした。

スポンサーサイト
スポンジケーキ:  トラックバック(-)  コメント(-)
 |TOP
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。