--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'04.18.05:54

20090418.jpg

20090418_1.jpg

20090418_2.jpg

イルプルーレシピのコーヒーのババロア
ブレズィリアン Brésilien

昨年初めて作った時はジュレがうまくいかなくてがっかりしましたが
今回はようやく鏡のような表面に・・・。撮影には苦労しますが。
ジャムベース(ペクチン)はイルプルーで売っているものを使用。
ポンシュだけオリジナルレシピの半分量で。それでも残りました。
余っている卵白横目にイタリアンメレンゲも作りたくて仕方なかったけれど
これはメレンゲを入れないバヴァロアなので、我慢。
沸騰させた牛乳にコーヒー豆を入れて火をとめて30分。これで抽出される
コーヒーの爽快な味わいにりんごジュースが入ったジュレの酸味が
思いがけないアンサンブル。この味には、ふわふわすぎない存在感のある
バヴァロアが相応しいのだなと納得です。 実家に持っていきました。

せめてもの卵白消費にコーヒー風味のマカロンを添えてみました。
もちろん蛇足でございます。。
オリジナルではバタークリームをはさみますが、作るのがいやなので
ペック社ノワール・キャフェを使ったガナッシュにしてみました。
このコーヒー味のチョコレートは、そのまま食べても本当においしい。
マカロンのクリームは、出来ればバタークリームやジャムじゃなくて、
ガナッシュが好き。ホワイトチョコレートのガナッシュにいろんな味を
加えたものなんか、もっと多かったらいいのに。
そうそう、イルプルーではマカロンプロジェクトと称して着色料を使わない
マカロンを新発売しています。興味津々!

スポンサーサイト
アントルメ:  トラックバック(-)  コメント(-)
 |TOP
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。