--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'02.20.06:41

貧乏サヴァラン

20090220.jpg

サヴァラン Savarin
昔から父の大好物です。下戸なのに・・・。
母が持っていたサヴァラン型を使用。きっと父のために作ろうと思って
いたのでしょうが、ついぞ実家で手作りサヴァランは食べた記憶がない。
私が作ることになろうとは、ぺこぺこのアルミ型も取っておくものですね。

私は小さいときはもちろんお酒っぽくていやだったし、べしょべしょした
パンという点でもあえて食べたいとは思わないお菓子でした。
でもイルプルーのは美味しいと聞いていたので、楽しみに作りました。

サヴァラン生地は練り上がりはブリオッシュ生地よりも柔らかく、
焼き上がりは堅めにできあがります。
シロップはコリアンダーやクローブ・ミントを入れて、しゃっきりするような
爽やかさが今時期に相応しい。生地をオリジナルの半量で作って
型に8個作ったけれど、5個でシロップ全部吸ってしまった。
1週間シロップ漬けしたパイナップルとキウイ・いちごできれいにおめかし。

型が大きいので巨大に出来てしまいましたが、シロップで膨張しているから
実質の生地はそれほど大きくないし、軽やかながらエキゾチックな香りと
フルーツの楽しいハーモニー、ぺろりと頂けてしまいます。

夫にも(初めてサヴァラン食べたそうですが)高得点。
ケーキがかさかさしているのが嫌いだそうで、これはびしゃびしゃだから
おいしいと・・・ 意外。

スポンサーサイト
パン:  トラックバック(-)  コメント(-)
 |TOP
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。