--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'01.09.10:41

病、膏肓に入る

20090109.jpg

昨日おととい2日連続で、イルプルーのプティ・ショコラ講習会に行きました。
トリュフ3種、アマンド・ショコラ、スリーズ、アマンディーヌ、型抜き。
お教室で作ったものは原則ブログにのせないようにしているのですが、
この型抜きの籠・・・同じ型は入手できないかもしれないので
総動員でパチリ。
レシピ本を見ながら作るのと、実習で教わるのとはやはり大違い。
特にアマンド・ショコラは、炒りの強さ・チョコレートの厚さがまるで異なりました。
でも、家人は軽い出来の方が美味しいというし、好みは様々ですね。
全体的にうちでのトランペは厚すぎ。これは室温が低かったからかな。

で、チョコレート漬けでうんざりのはずが、今日のおやつに作ったのが手前の
サブレ・ショコラ Sablé au chocolat
かなり格好悪い出来になってしまいました。。
私も娘も、チョコレート系なら食べても食べても、また次のひとくちに
新たな感動を覚えてしまうのですよね。。 危険です。

今朝の新聞で、ガストン・ルノートル氏の訃報を知りました。
昔、新宿伊勢丹にあったルノートルのカフェショップで
母とキッシュを頂いたことなど瞬時に思い出しました。
いくつもの忘れられない味わいは、たくさんの人々の胸に刻まれ、
受け継がれていくことでしょう。 ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト
焼き菓子:  トラックバック(-)  コメント(-)
 |TOP
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。