--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'10.15.14:12

りんごをみがく

20081015.jpg

スフレチーズケーキ を焼いたらしぼんでしまった!
という悩み相談?を受けました。
回答者としては力不足ですけれど、イルプルー入門科の時のレシピを再読。
昨夜焼いたビスキュイを底にしいてじっくり蒸し焼き1時間。
途中でオーブンの扉を開けたからしぼむ、ということはないし・・・
配合でしょうね、きっと。
イルプルーレシピは伝授できないのでお役に立てませんが、
このケーキを試食用に差し上げました。

入門科はレアチーズやロールケーキ、ショートケーキなどいわゆる
日本的なお菓子のレッスンも多くて、当時私は、もっと本格フランス菓子ぽい
ものが習いたい!と不遜にも思っていました。
市販のふわふわ系のお菓子はあまり好きではなかったですし。
昨今頻繁にお菓子作りをするようになって、お菓子は一人で全部食べるもの
ではないし、親しい方と会話しつつ楽しい時間を過ごすためにあるのだな、
と思うようになりました。
私はこれが好き、だけでなく、みなさんが喜んでくださるお菓子も
作っていきたいです。
フランス菓子はやはりフランス料理の最後にぴったりだし、
甘辛の日本食だったら、さっぱりふんわりの軽いお菓子が合いますね。

赤ちゃんの肌のように優しいチーズケーキの後ろで輝いているのは、
清里の紅玉。
林檎を磨く apple-polish といえば、米語で「ごまをする」という意味。
学童が先生にぴかぴかのりんごを贈る風習があったことが語源だそうです。
このりんごはどんなお菓子に変身してくれるでしょうか。

スポンサーサイト
焼き菓子:  トラックバック(-)  コメント(-)
 |TOP
Copyright © SHORT CAKE-SHORT STORY. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。